« iPhone4ホワイトの意味とは | メイン | メンズファッションのネット通販を利用してみた »

上田ハーローがiPhoneに対応して取引環境をさらに充実させた

メリマンレポートが無料で読めることで口座開設する人が多い上田ハーローがiPhone、androidを含めたスマートフォンに対応した。

上田ハーローFXというと堅実というイメージがあるが、iPhone未対応の会社もまだまだ多い中今回の対応は早かった様に思う。

というか最近上田ハーローは取引周りの改善がもの凄く行われている。中の人や役員の方が変わったのだろうか。FX業界の中ではほとんど目立つことがなかった会社が今やかなり注目されている。

具体的に言うとスプレッド1銭への改善、チャートの改良、マット今井氏のMATTシグナル配信などがあげられる。こういった取引環境充実への動きは今まで上田ハーローFXにはなかった様に思う。

ほかにもドル両替をして現受けできたり、外貨両替のようなサービスを行っている。これはFX会社にとって取引以外でも利益が出せることで今後かなり注目される可能性がある。マネーパートナーズはほかのFX会社に先駆けて成田空港でドルが受け取れるサービスを開始している。上田ハーローにもサービスの拡充を図って欲しいジャンルだ。

ではなぜこの様な急速な改良が進められているのだろうか?それにはFX業界そのものの成長の伸びが止まったということにある様に感じる。

市場が成長している時には特にサービスを改善しなくてもスワップ金利が高くて、信頼性が高ければ顧客が来たのだろう。

ただ成熟期に入ったこれからはそういった戦略では生き残ることは難しい。新しいことをやる会社や独自性がある会社が生き残れる。

そういった意味でも上田ハーローのiPhoneへの対応などの戦略は目を見張るものがあると思う。スワップ金利が高く、信頼もあり、取引環境まで充実すればそれ以上は望むことがないほどの充実したサービスと言えるだろう。

About

2011年05月20日 11:52に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「iPhone4ホワイトの意味とは」です。

次の投稿は「メンズファッションのネット通販を利用してみた」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。